正しい姿勢を続けるためには、ある程度の筋力も必要になります。 姿勢をよくするストレッチを習慣的に行うことで、正しい姿勢を保ちやすくなるでしょう。 ここでは、特にオススメのストレッチ方法を三つ紹介します。 ・体側伸ばし ・上体そらし ・ひねり これらの三つです。 まず、体側伸ばしですが、これは名前の通り、体の側面をストレッチします。 両足を肩幅くらいに開いて、右手を腰に当て、左手を右斜め上に向かって伸ばしてください。 息を止めずにゆったりと呼吸しながら、気持ちがいいと思う角度になるように調整するのがポイントです。 体の左側が十分にストレッチできたら、反対側も同様に行ってくださいね。 次に、上体そらしです。 うつ伏せに寝て、両手を床について伸ばし、上体を後ろにぐっとそらします。 くれぐれも無理をしないようにして、できる範囲内で行いましょう。 日常生活では、体が前傾姿勢になってしまいがちですから、反対方向にそらしてバランスをとることが大切です。 初めはあまりそらせなくても、続けるうちに体が柔らかくなっていきますから、コツコツと続けてみてください。 最後に、ひねりですが、これは座った状態で左膝に右腕をかけ、背中を後方にひねるように伸ばしていきます。 これを行うと、背中がこっている人は、「ポキポキ」と音が鳴るでしょう。 もちろん、反対側も行って、左右が均等になるようにバランスをとってください。 ストレッチには、血行促進効果やリラックス効果もありますから、姿勢をよくするためにも、美容や健康のためにも、ぜひ継続したいものです。